アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、アレルギー反応によって風邪も引いていないのにくしゃみ、鼻水、鼻づまりが生じるアレルギー疾患で、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の仲間です。花粉症とアレルギー性鼻炎はほとんど同じものです。花粉症などの季節になると発症する「季節性」ものと、1年中発症している「通年性」とがあります。

この病気は、身体に侵入した、特に鼻の中に進入した異物に対して、過敏に反応する人にのみ起こり、国民の20%%程度がアレルギー性鼻炎で悩まされているようです。アレルギーは、免疫の働きで起こりますが、通常の免疫とは逆に身体に不利な働きとなります。通常の免疫の場合は、2回目の刺激に対する反応性が低下しますが、アレルギーの場合は、2回目には反応性が高まってしまいます。アレルギー性鼻炎や花粉症は、一度発症すると、自然に治ることはまれで、長い期間治療が必要となります。

この国民的疾患であるアレルギー性鼻炎の原因は、鼻の中の粘膜でアレルギー反応が起きるのですが、この原因となる抗原は、通年性アレルギー性鼻炎原因抗原の多くは室内塵・ダニ・ペットの毛・フケ、カビであり、一定の季節に限局して見られる季節性アレルギー性鼻炎の大部分は、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサなどの花粉です。なお、重症の場合には、副鼻腔炎(蓄膿)の合併も少なくありません。

アレルギー性鼻炎の治療法

一般的に行われるアレルギー性鼻炎の治療方法は、薬剤による治療です。、よく使われるアレルギー性鼻炎の治療薬は、抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤の点鼻薬・ステロイド点鼻薬・血管収縮点鼻薬などです。抗ヒスタミン剤は、アレルギー性鼻炎の治療の中心で、とくにくしゃみと鼻汁を抑える働きが強く、鼻づまりを抑える働きはやや弱いといえます。

ステロイド点鼻薬は効果や安全性安全性の面でアレルギー性鼻炎に良く使われる薬です。くしゃみや鼻づまり、鼻水のいづれの症状にも高い効果をあらわします。たたし、この薬は速効性がないので、数日間使い続ける必要があります。

血管収縮性点鼻薬は、鼻の粘膜血管を収縮させることで、鼻づまりを軽くします。初めは効果がすぐ得られてよいのですが、だんだん薬の効果が減少してくるので、使用回数が増えていきます。 薬剤による治療では、原因を明らかにした上で、生活上のアドバイスをすると同時に症状を改善するために薬による治療を行います。

また、漢方薬を取り入れる治療法もあります。例えば生薬製剤である<ホノビエン錠>この漢方薬は、抗アレルギー剤などが抱える「のどの渇きと眠気」が少ないのが特徴ですし、アレルギーを抑える効果もあります。その他に、抗原特異的減感作療法と言う特異的免疫療法もあります。この療法は、原因となっている特定の抗原のエキス(イネエキスなど)を、少量から徐々に増量して皮下に注射を続ける方法です。

東洋医学的に見れば、アレルギー性鼻炎も、花粉症も漢方では同じとみなします。この症状の多くは、夜の寝不足、食生活が悪いため血液が汚れていることからなる方が多いです。油もの、外食などのバランスが悪い食事もアレルギー性鼻炎に影響するようですが、決定的な原因は、まだ分かっていません。戦後の住環境と食生活の変化、そしてストレスなどが考えられています。

20〜30年前は、ほとんどの人が「花粉症なんか聞いたことが無い」でした。それが現在では、立派な国民病にまでなって、年中花粉症対策、アレルギー性鼻炎治療と騒ぐ由々しき事態になりました。なかなか他人には解ってもらいにくいのが、アレルギー性鼻炎のつらさです。不快な症状に悩んでおられる方は、勝手に市販の薬を使うなど自分で決めつけずに一度専門医(耳鼻咽喉科医)を受診することをおすすめします。鼻の中をのぞいて見ることができ、鼻の病気の診断が下せるのは耳鼻咽喉科医しかいません。

アレルギー性鼻炎や花粉症はすぐに治る病気ではありません。アレルギー性鼻炎のような生活習慣に 影響を受ける病気では、医師や専門医のアドバイスを受けるとともに、患者自身のセルフケアも重要になります。そのためには、医者と患者のコミュニケーションが必要となります。信頼できる病院や医師を見つけることが治療の第一歩となります。

Copyright 2007-2013 健康情報アイランド All Rights Reserved.