アンチエイジング
最近の調査では、肌の老化は20代から始まるという意識をもつ人が増えてきていて、シミやしわ、 くすみなどの予防としてアンチエイジングに興味を示す人が増えてきているとのことです。 アンチエイジングコスメ、アンチエイジングサプリメン トなど、アンチエイジングに関する商品もたくさん発売されていて、 40〜50代を中心にした幅広い年齢層で、アンチエイジング商品が売れているそうです。
アンチエイジングという英語を直訳すると「エイジング=加齢」を「アンチ=抗する、反対の」 という意味になります。アンチエイジングの正式な日本語訳は『抗加齢』ですが若返り、 老化防止というイメージも浮かんでくる言葉です。 人はだれでも加齢とともに老化します。老化は、避けては通れないものですが老化に関し学ぶ ことにより、老化を遅らせることができるようになります。 老化防止はだれもが願う永遠のテーマですが、現代西洋医学の最先端を行くアメリカでは、 すでに抗加齢医学(アンチエイジング・メディシン)が一般の人々に当たり前のことになって います。アンチエイジングの研究によると、老化の原因がまだはっきりわからないものも多いよ うですが、ホルモンレベルの低下、免疫力の低下、活性酸素の働きなどが考えられています。
老化について
老化とは、体の組織が酸化していくこと、つまり、サビていくことなのです。人は呼吸をする ことにより、どうしても活性酸素が発生してしまいます。この活性酸素こそが、肌をサビさせる原因となるものです。 金属は酸素と結合して錆びますが、人間の体は活性酸素と脂質が結合して錆びるのです。 老化は、生きている限り、避けることができないものなのです。また、タバコやストレ スも、活性酸素を増やしてしまいます。 老化の原因は「遺伝子」説や「ホルモン」「体の酸化」「生活習慣病」などがあ ります。アンチエイジングには、加齢による体の老化のほかにも、ライフスタイルやストレスな どの要素が関係しているのです。 アンチエイジングは、体内のケアと体の外側からのケアを同時に行う必要があります。体内のケ アとは毎日の食生活の改善、適度な運動などで、体の外側からのケアとしては、さまざまな外的 ストレスを軽減することが最も大切です。
肌老化
肌が衰えていくことを「肌老化」といい、肌老化は、生まれた瞬間から始まっています。 肌老化の原因は大きくみると細胞の酸化、紫外線、皮膚の菲薄化、皮膚の乾燥の4つです。 紫外線によってコラーゲンやエラスチンなどの皮膚組織が壊れますが、加齢により修復能力 が低下してしまい、シミやくすみだけでなく深いしわも生じてくるのです。 生まれてから使い続けてきた肌も少しずつ疲労していきます。ずっと使ってきたものは自然と 錆びたり、消耗していきます。それと同じに、年齢を重ねると体力が落ちてくるように、肌も 機能が低下してくるのです。

続きを読む»

Copyright 2007-2013 健康情報アイランド All Rights Reserved.