歯ぎしりの治療方
自分でできる歯ぎしりの治療法は、日常のストレスを発散させるために日ごろから適度に息抜きをしたり、 スポーツをしたり、散歩したり、気分転換をはかるとよいでしょう。また、首枕を使ったり、枕をあまり高くしないなど、寝る方法を変えるだけでも歯ぎしりの防止になります。 精神面から、寝る前に「私は歯ぎしりはしない」と繰り返し言う、「自己暗示」も心理的ストレスをと きほぐす一定の効果が歯ぎしりの場合にはありますので試 してみると良いかもしれません。
元々の歯が噛み合せの不整合や、虫歯治療で使用した金属冠による噛み合せの不整合が歯ぎしりの原因と なっている場合、歯の治療や金属冠の交換をすることで、噛み合わせが改善されて歯ぎしりが少なくなります。 ドラッグストアーなどで販売されているマウスピースをつけるだけでも効果がありますが、歯医者に行き、噛み合わせの調整をしてもらうとより効果があがります。
歯ぎしりの治療法で一番確実なのは矯正治療です。歯ぎしりの矯正治療は、歯ぎしりを根本から治すので、かなり効果が高いといわれています。治療後も、マウスピースなどの防止装置を使わなくとも静かに安眠 することができます。

Copyright 2007-2013 健康情報アイランド All Rights Reserved.