胃腸の病気-胃炎

胃粘膜に炎症が起こる病気で、急性と慢性があります。胃の粘膜にただれや充血、出血がみられ、ストレス、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、ピロリ菌などが原因で起こります。胃のあたりを中心とした強い痛みがおき、みぞおちの痛みや吐き気、嘔吐など比較的強い症状がでます。
慢性胃炎は胃粘膜に持続性の炎症があったり、繰り返し炎症が起きて、胃腺組織の破壊や減少などが認められるものをいいます。胃の粘膜が縮んで薄くなります。粘膜の老化現象との考えもありますが、原因はよくわかっていません。胃がもたれる、胸やけがする、げっぷがでる、鈍い胃の痛みがある、 胃のあたりが張ったように感じ食欲が低下するなどの症状が出る場合もありますが、特有の症状がなく、ときには自覚症状がまったないこともあります。

胃炎の治療

急性胃炎は、胃粘膜の攻撃因子である塩酸、ペプシンの分泌が亢進したり、防御因子である粘膜の分泌や粘膜の血流が阻害されたりして、バランスが崩れることによって起きます。
慢性胃炎は、長期にわたる炎症などによって胃粘膜や胃腺に萎縮がおき粘膜が薄くなります。萎縮性胃炎になると、壁細胞が破壊されて胃酸の分泌が低下してしまう。さらに主細胞が減少し、たんぱく質分解酵素であるペプシンの分泌も低下します。
内視鏡検査で胃粘膜にびらんや発赤、変色像などがみられ、また組織検査によって細胞の炎症や胃腺の萎縮が確認されると胃炎と診断されます。胃炎の治療は対症療法が主となり、あわせて生活の見直しがおこなわれます。

急性胃炎は比較的原因がはっきりしていることが多く、それを取り除くことが第一です。慢性胃炎には完全にもとの状態に戻す治療法はなく、個々の病態にあわせた生活指導と薬物治療が行われます。 自覚症状がなく、健康診断などで偶然に発見されたケースでは、アルコール,タバコの過飲を避け,消化のよい食事をとるなど食生活に気を配りながら経過を観察する必要があります。
炎症が永く続くようだと、粘膜が薄くなってしまう萎縮性胃炎の患者さんは、胃がんになりやすいので定期的に胃の検査を受けることが重要となります。

胃腸の病気-胃潰瘍

胃潰瘍は胃から分泌される胃酸と、胃酸から胃壁を守る粘液の分泌とのバランスが崩れ、胃液に含まれる酸やペプシンが、胃の粘膜を消化して傷つける病気です。十二指腸潰瘍とともに消化性潰瘍とも呼ばれ、重度の胃潰瘍の場合は、胃壁の穴が胃の外側にまでつながる場合もあります。
胃潰瘍は急速に生じることが多く、大きなストレスを受けたときや、非ステロイド系消炎鎮痛薬や抗生物質などの薬剤、食事などが引き金となります。比較的簡単に治りますが、再発する頻度が高いので注意が必要です。

胃潰瘍の症状としては、食後みぞおちのあたりが痛む、背中の痛み、食欲不振、げっぷが出る、胃のムカツキ、体重減少、吐血、下血(大量出血の場合は泥状の黒色便、さらに大量に出血した場合には血性の便)など多彩であり、検診の発達した日本では、偶然発見され全く症状のないケースも比較的多くあります。
胃潰瘍は過剰なストレスやピロリ菌の感染、薬剤、刺激のある食事などによって、胃粘膜 への攻撃因子と防御因子のバランスが崩れることで発症します。
急性の胃潰瘍は、大きさや形は様々で、一般に出血を伴う粘膜下組織までの浅い潰瘍が多い。急性潰瘍から慢性潰瘍に移行することはほとんありません。

Copyright 2007-2013 健康情報アイランド All Rights Reserved.