小腸

小腸は、胃と大腸の間にあり十二指腸、空腸、回腸からなる細く長い管です。空腸は死後ほとんどの場合内容物が空であることから、回腸は長く回りくねることから名づけられました。 十二指腸およそ30cm、空腸はおよそ2m50cm、回腸はおよそ3m50cmあり引き伸ばすと6〜7メートルになります。空腸と回腸には明瞭な境界はなく、十二指腸を除く小腸の前5分の2が空腸、残りの5分の3が回腸とされます。働きもほぼ同じで、腸液の分泌量などに多少の違いがみられます。
肝臓からの胆汁や、すい臓からの酵素は十二指腸へ分泌され、消化反応の大部分はここで行われます。 胃でかゆ状になった内容物は、長い小腸を通る間に栄養分の約80%が吸収されていきます。空腸や回腸に入ると腸腺から分泌される腸液の働きで食物の消化が進み、最終的な消化と栄養分の吸収が行われます。吸収された栄養分は細胞血管やリンパ管から全身に運ばれます。

大腸

小腸より肛門に近い部位に位置し、盲腸に始まり直腸に終わる部分です。大腸はおよそ1.5mあり、盲腸、結腸、直腸に分けられます。小腸を取り囲むように腹腔の外周に沿って走っていて、小腸から送られてきた食物の残りカスから水分を吸収し、便をつくり、対外に排泄します。何らかの原因で水分の再吸収がうまく機能しないと、水分の多い便が排泄され下痢と呼ばれる状態になります。大腸には栄養分を吸収する働きはありません。

胃腸の病気-虫垂炎(盲腸炎)

虫垂の炎症で俗に盲腸炎とも呼ばれ10代〜30代に多く発症し原因はまだ解明されていません。何らかの原因で虫垂が閉塞し、内部で細菌が増殖して感染を起こした状態になります。炎症が進行すると虫垂は壊死を起こして穿孔し、膿汁や腸液が腹腔内へ流れ出して腹膜炎を起こし、重症化すると死に至ることもあります。
虫垂炎になるとまずみぞおちやへそのあたりが痛みはじめます。痛みは次第に右下腹部に限局し,軽い発熱を伴います。治療が遅れると炎症が進行し、虫垂が破れて膿瘍(のうよう)を作り腹膜炎になります。 虫垂はかつて不要なものであると考えられていましたが、最近はリンパ節が豊富に存在し、免疫に重要な働きをしていると考えられるようになりました。
このため現在では、虫垂を切り取る必要がある場合を除いては、抗生物質などによる治療が行われるようになりました。

Copyright 2007-2013 健康情報アイランド All Rights Reserved.