膝(ひざ)が痛む原因

膝(ひざ)は脚の関節部で、腿(もも)と脛(すね)とを繋ぐ部分のことをいいます。ひざ関節には、大腿骨と頚骨、頚骨を支えるヒ骨、関節を覆う膝蓋骨の4つの大きな骨があります。大腿骨と頚骨はどちらも大きくて硬い骨であり、お互いぶつからないように、間には半月板というクッションがはさまっていて、衝撃を吸収しています。どちらの骨も滑膜で覆われ、滑液で満たされていますが、この液が何らかの原因で増えると「ひざに水がたまる」状態になります。
膝にもっとも負担をかけるのは肥満です。関節の軟骨が年齢とともに変形すると、肥満による負担がくわわって、膝が痛み、関節が腫れて変形性膝関節症になります。

変形性膝関節症

日常の生活での膝の曲げ伸ばしや歩行などで膝関節の軟骨がすり減り、関節の組織に炎症を起こして痛みがでる病気です。原因としては、加齢とともに関節を使い過ぎることによっておこる場合、関節の外傷や化膿などによって関節面がずれたためにおこる場合、運動不足による筋力の衰えからくる場合のほか膝を酷使する人にも見られます。期間が長くなると関節水腫を伴うこともあります。 痛みをともない、関節の動きが悪くなり、関節が変形したり腫れたり、水がたまったりします。特に中年以降の女性に多くみられますが、体重による膝への負担増加によって進行するため、太りすぎの人は注意が必要です。運動療法や薬物療法などで症状は軽減しますが、重症の場合は手術をおこなうこともあります。
治療法は,保存療法が中心で、患部を安静にして,関節を酷使しないようにします。歩行時にはつえを使用し関節の負荷を軽減するようにし、温熱療法などにより血行を促進させます。運動不足による筋力低下には,ウォーキングや筋力トレーニング、水中でのエクササイズなどを行います。

関節リウマチ

自己免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる炎症性自己免疫疾患。関節の組織に炎症を起こし、関節が変形してしまう病気です。免疫の異常によって起こることから、膝関節だけではなく、全身の関節に発症する可能性があります。安静にしていても、膝に痛みと腫れがあるのが特徴です。
初期段階では「朝のこわばり」と呼ばれる症状が発症します。朝起きてから、手をにぎることが困難であり、文字通りこわばっている状態が続きます。1時間以上もこわばりが続く場合、3箇所以上に関節の腫れがみられる場合、手の指や手首の関節に腫れが見られる場合などの症状が複数出現するときは、関節リウマチまたは他のリウマチ性疾患の可能性が高くなります。関節の痛みが強く,腫れのある場合には安静が必要ですが、痛みや腫れが軽減すれば運動をするようにしましょう。動かすことで関節を柔軟にし、痛みをやわらげることができます。

Copyright 2007-2013 健康情報アイランド All Rights Reserved.