リンパマッサージについて

リンパマッサージとは、リンパ液の流れを助け滞ったリンパ液をサラサラと流してあげる美容・健康の為のトリートメントの技術です。からだには血液のようにリンパ(液)というものが流れています。リンパ(液)が流れているリンパ管は、静脈にそうように全身にはりめぐらされています。
リンパ液とは細胞間液のことで、毛細血管からしみ出した血漿(けっしょう)がリンパ管に入り込んだものです。主な働きは、古い細胞や血液のかけらなどの老廃物や脂肪を運び、血液と合流し尿として体外へ排出します。リンパマッサージは、手の平や4本の指などを使ってさする方法、つかんでもむ方法、たたく方法など、からだの部位や目的によって強さや、やり方を変えていきます。オイルやジェルなどを手に塗ってすべりをよくしたりします。

リンパマッサージの効果

それではなぜリンパマッサージが必要なのでしょうか?リンパがドロドロになると、体内に余分な水が溜まって、むくみやセルライト、ボディラインのくずれにつながります。また、老廃物や細菌、毒素が体内に溜まることによって、疲れ、だるさ、肩こり、風邪、肌の調子の悪化など様々な体の不調に繋がると言われています。リンパがドロドロになる(滞る)原因はいくつかあります。運動不足、冷え性、ストレスなどがリンパの流れに影響を与えます。

このようにリンパマッサージをすることで、主に美容と健康と癒しの3つの効果を得ることが出来ます。美容効果には、むくみやタルミなどの解消してくれるスリミング効果、肌のくすみや乾燥肌の解消などの美肌効果、重力に負けないバストを維持するバストアップ効果があります。また健康効果には、コリの解消、疲労回復、免疫機能向上などがあります。またリンパの流れをスムーズにすることでストレスで緊張した神経も落ち着き、リラックス、ストレス解消などの癒し効果があります。

1日の疲れをとるために、リンパマッサージは一度に10回、1日に2〜3回を目安に行うと効果的です。毎日リンパマッサージを続け、リンパが流れやすい体質にしましょう。リンパの流れが良くなると、免疫細胞も体内をスムーズに流れ、酸素と栄養素をたっぷりと補給して、元気いっぱいに活動してくれます。当然、免疫力が上がって病気にかかりにくくなるわけです。気軽に取り組めるのでぜひやってみてください。

Copyright 2007-2013 健康情報アイランド All Rights Reserved.