胃痛の症状

胃の痛みは、働き盛りの人やストレスの多い人などを始め、多くの人が経験する症状です。緊張で胃がキリキリする、暴飲暴食で胃が痛い、お腹が冷えて下痢を伴う、など沢山の症状があります。多くの場合は大事に至らず、時間が経過すれば自然と治まったり、市販の薬を飲むことで治癒していきます。 ただし痛みが続く、激しく痛む、痛みに波があり時おり激しく痛みだすなどのように胃や内臓の病気で重症になる人もいます。

この胃の痛みの種類には、原因や症状に応じて、いろいろあり潰瘍やウイルス感染、潰瘍、ストレス、過食、疾患など、痛み方が分かれます。膨満感のある痛み、鈍い痛み、激しい痛み、軽い痛み、刺すような痛みなど様々です。また、痛みの場所も、下腹、脇腹、みぞおち、背中側など痛みの原因によって異なります。膵臓、腎臓、肝臓、胆嚢などの内臓の病気、十二指腸潰瘍、盲腸などによって痛むこともあります。また、食後の痛みや激しい痛みとともに、胃がもたれる、吐き気がするなどの症状を伴う場合もあります。

胃痛の原因

胃の痛みに苦しむ原因として、急性胃炎や胃潰瘍、ストレス性胃炎、急性胃粘膜病変、胃酸過多、胃がん、胃腸虚弱などがあります。また、突発的な食あたりや食中毒、、ピロリ菌やノロウイルスなどの感染も胃が痛む原因となります。さらには、胆石、胆嚢炎、肝臓ガン、腎盂炎、腎炎、腸捻転、腸閉塞、虫垂炎などの内臓疾患も胃の痛みを伴います。また女性では、子宮関連の病気もあります。

胃炎では、食事の後に痛んだり、物を食べると重い感じがします。胃潰瘍になると、空腹の時に痛み、食べると痛みがなくなります。胃がんでは、胃がもたれる、吐き気がする、瘠せるなどの症状が現れます。また、尿道結石では、激しくお腹が痛み、胆石や胆のう炎になると、食後数時間後にみぞおちやお腹の右側部分に激痛を感じるようになり、やがて背中なども痛みだします。

食べ過ぎや飲みすぎ、ストレス性胃炎などの胃の痛みは、市販の薬の服用や、時間の経過で回復します。しかし、ノロウイルスやピロリ菌などの細菌による場合は、早急に治療を受ける必要があります。 また、胃の疾患だけでなく、虫垂炎、腸捻転や腸閉塞、胆のう炎、結石など内臓やその他の臓器の病が懸念される時は、早めに精密検査を受けましょう。

胃痛の予防

胃の痛みやお腹の痛みがでたとき「何かいつもと違う?」、「通常よりも痛みが強い!」と感じたときには「たいしたことはない」「わざわざ病院に行く必要はない」などと自分だけで判断するのではなく、専門的な知識や設備のある病院での診察、検査を受け痛みの原因を早期に発見することが大切です。 胃を含む内臓は、ストレスや疲労などに弱く、食生活や生活習慣の影響を受けやすい器官です。普段の生活から、暴飲暴食、タバコ、お酒を慎み、ストレスを解消するように心がけるようにしましょう。

Copyright 2007-2013 健康情報アイランド All Rights Reserved.