椎間板ヘルニアとは

椎間板は背骨の堆骨と堆骨の間で衝撃をやわらげるクッションの役割と、前後左右への曲がりやひねりをスムーズに行うバネの役割をしている軟骨の板です。これが後方にとびだすと、すぐ後ろにある脊髄や脊髄神経を圧迫して、痛みやしびれなどの神経症状を引き起こします。
椎間板は20歳ごろから変性をおこすとされ、弾力性をうしなった椎間板は、重い荷物をもつなど、ちょっとしたきっかけで突出することがあり、くしゃみをしただけで発症することもあります。椎間板ヘルニアは、腰の骨(腰椎)にもっともおこりやすく、これを腰椎椎間板ヘルニアといいます。次に多いのが頸椎で、首や上肢の痛み、下肢のしびれ感などの症状がみられ、これを頚椎椎間板ヘルニアといいます。

椎間板ヘルニアの治療

治療は安静が第一で骨盤牽引を行い、鎮痛薬などを投与する薬物療法や局所の熱療法などで症状のやわらげる温熱療法、軟性コルセットで再発を防止する装具療法などをおこないます。痛みがひどい場合は,副腎皮質ホルモン剤を注入する硬膜外ステロイドブロックを行いますが、それでも症状が改善しないときは、椎間板内の髄核をとって神経への圧迫をおさえる髄核摘出術などの外科的手術がおこなわれることもあります。最近は内視鏡をつかった手術法もおこなわれています。椎間板があるかぎり手術をおこなっても再発する可能性はあります。

Copyright 2007-2013 健康情報アイランド All Rights Reserved.